人間の生涯で、2番目に高い買い物が医療保険と言われています。ですがその必要性をきちんと考えて加入している人がどのくらいいるでしょうか。

 
また公的な保険だけで対応できるのに重複して加入しているケースなども散見され、家計の見直し時など率先してこの分野から、その必要性も含めて見直していく必要があるでしょう。

 
こうした際に民間で保険のアドバイスをしているファイナンシャルプランナーなどを活用して、必要な部分と不要な部分などを選別して最適な保険に見直していく必要がでてきます。なぜ専門家にアドバイスをもらったほうがよいかというと、単語の意味や約款の説明文など理解がなかなか難しい場合が多いためです。

 
しかし、民間の保険も大切ですが公的な保険はどうなのかというと、もし入院等の際に高額になると予想されるときは高額療養費制度も使えますし、まずは公的な制度をしっかりと把握してその上で足りないと思われる部分を民間でカバーするというスタイルが望ましいといえるでしょう。

 

重複する部分のお金を払うのはまさにお金の無駄ですし、しかも重複していても両方から保険が下りることはなかなかありえません。どちらかからしか保険金が下りないのであれば片方の保険を解約するなど、見直しを行うことで最適な保険への加入を考えていきましょう。