高額療養費制度とは、公的医療保険制度で使える制度です。
その名称のように、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、一か月のうちで一定金額を超えた場合に、その超えた金額分を支給する制度です。

 

高額療養費制度では、医療費の限度額が年齢や所得に応じて上限額として決められています。
上限額を越えた分を、後で医療保険に請求することで、口座に振り込まれます。

テクスチャー02

また、同月内で家族の中で高額な医療費がかかった人が複数いる場合には、また、その上限額が下がるので、その分、後で振り込まれる金額の支給が多くなります。

 

入院時の医療費だけではなく、外来でも、高額な医療費がかかる病気の方でも、高額療養費制度は使えますので、予め、自分が高額になりそうな場合には、上限額がどれくらいになるのかを市役所で聴いておくと便利です。

 

また、近年では医療費を窓口で支払う際に、予め市役所で発行してもらった高額療養費限度額証を提示することで、上限額まで知らうことで、後々、請求の必要がなくなりました。
高額療養費限度額証も、有効期限がありますので、しっかりと確認しましょう。

 

このように、医療費が高額になった場合には、カバーできる制度があります。
しかし、この制度は、みずから申請しないと制度の恩恵を受けることが出来ませんので、心得ておいてください。